SSブログ

頭蓋結合双生児 タチアナ クリスタ サイエンスミステリー 2013 [頭蓋結合双生児]

スポンサーリンク




頭蓋結合双生児 タチアナ クリスタ サイエンスミステリー 2013の詳細

頭蓋結合双生児であるタチアナクリスタが2013年1月19日21時~放送のサイエンスミステリー 2013 見えざる禁断の世界Ⅲに出演されますね。

タチアナクリスタ世界でも稀な頭蓋結合双生児です。サイエンスミステリー 2013では以前放送された続編を放送します。

tai.png

彼女たちは結合双生児の中でも稀で頭部がつながっています
なので切り離すのが難しいと言われています。

タチアナとクリスタはいつも一緒で見ているものも一緒、なので姉にアイマスクをつけて何も見えない状態にしても妹の見ているものが分かる。

という事は二人の脳はつながっているという事です。
しかし頭蓋結合双生児であるがゆえにいくつもの試練があります。

以前、サイエンスミステリーで放送された段階ではタチアナに栄養が回らずにクリスタの方に栄養が回ってしまっていました。

なので、タチアナの体重が減ってきていました。
2013年の放送分では二人の体重は均等になっているそうです新たな問題が起こっているそうです。

それは1型の糖尿病です。
今は血糖値を下げるためにインスリンの注射を打っているそうです。

さて、二人の脳は橋みたいなので繋がっておりタチアナの足を動かしているのはクリスタの脳でクリスタの手を動かしているのがタチアナの脳であることが分かったそうです。

徐々に二人の脳の役割が分かりだしているようですね。

では、結合双生児の詳細を書いていきます。
結合双生児は約5万~20万組あたり1組の割合で誕生すると言われています。

yhj.png

いろんなケースがあり胸結合、殿結合、頭蓋結合があります。
遺伝子の異常が原因だと言われています。

分離手術に成功し両者とも生存できるケースもあるが脳や心臓などを分離する手術は極めて困難です。
出産すときはほとんどが帝王切開です。

流産に危険性が高く生まれてくるのは奇跡的。

上でも書きましたが頭蓋結合双生児であるタチアナとクリスタのケースは非常に稀です。
なので手術は難しいとされています。

彼女達の母親は彼女たちのこの現状に涙するが彼女たちが生まれてきたのは何か意味があると言っています。以前放送した時は世間に彼女達の事を知ってもらうためにテレビに出演しました。

彼女たちはもう小学性になりました。
皆が受け入れてくれるか心配だと思います。

ちなみにタチアナとクリスタは考えも共有できるのでお互いが考えていることが分かるそうです。
しかし、彼女たちは性格が違うので科学者たちは関心を抱いているようです。

二人の感情、感覚を解明するのは困難だが研究を進めていくそうです。

頭蓋結合双生児だけにとどまらずアビーとブリトニーのようにお互いの右半身と左半身がつながっているケースもあります。

彼女たちは体は一つで臓器は二人分あります。
頭部は別々です。

二人はしっかり成長していっています。
結婚すことが夢だそうです。

今も幸せだと思いますが今以上に幸せになってもらいたいですね^^


困難がある一方で彼女たちは幸せも感じているでしょうね。
タチアナとクリスタも結合していることが自然な形で考え、感覚を共有していることが普通だと思います。

不便な面もあると思いますが母親が言うように何かの学びのために誕生したんだと思います。
サイエンスミステリー 2013では3年間彼女達を見守ってきました。

彼女たちの成長を見れることに感謝をしつつも学ばせてもらいたいです。

ちなみにこの番組では頭蓋結合双生児であるタチアナとクリスタだけを取り上げているのではなく、今回放送分では女子高生だけに広がる謎の病、27歳なのに老人の顔になってしまった女性の続編、チャンドラの心と家族という事で全身にイボが出来てしまった男性を追いかけています。

では以上で頭蓋結合双生児 タチアナ クリスタの記事を終わります。

では


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました